矯正歯科の治療の流れ

治療の流れ1

治療の流れ1

診療の予約

治療の流れ1

当院は予約診療制となっておりますので、まずはお電話にて予約をお取りください。
急に歯が痛くなったりした場合でも、ご来院前にお電話頂けると幸いです。
初診及び月初めのご来院の際は、保険証もご持参してください。

治療の流れ2

治療の流れ2

検査診断

治療の流れ2

レントゲンや写真撮影、お口の型どりを行い、噛み合わせや骨格のずれ、骨の中の様子など、お口の中の状態を詳しく調べて分析します。その上で現在のお口の中の状態、治療プラン(治療の方法や期間)、費用などを説明します。治療するかどうかご検討いただいた上で、治療をスタートします。

治療の流れ3

治療の流れ3

治療開始前

治療の流れ3

矯正治療を行う前に、歯や歯ぐきの状態などを細かくチェックし、歯のクリーニングを行います。

治療の流れ4

治療の流れ4

治療開始

治療の流れ4

治療が終了した後は、状況に応じて数か月に1回定期健診(予防・メンテナンス)にご来院頂きます。歯が痛くなってから行くのではなく、日頃から定期的に健診を受けて頂くことが、歯の健康のために非常に大切です。

治療の流れ5

治療の流れ5

定期チェック・装置調整・変更

治療開始後、1か月に一度定期的に来院していただきます。
お口や歯ならびの状態をチェックし、装置の調整・変更を行います。

治療の流れ6

治療の流れ6

保定

装置をはずした直後の歯は不安定で、元の位置に戻ろうとします。
矯正装置を外した後も保定装置(後戻りを防ぐための装置)を1〜2年はめておくことが必要です。

治療の流れ7

治療の流れ7

矯正治療終了

きれいな歯と歯ならびを保つために、矯正治療終了後も定期健診と予防歯科をおすすめしています。

子供の矯正治療
3歳~6歳までc

乳歯がはえそろい、永久歯にはえかわる前の時期です。
指しゃぶりや舌の癖など生活習慣などの要因で歯ならびや噛み合わせに問題が生じることがあります。

小学生の矯正治療

乳歯と、永久歯が混在する時期です。永久歯がはえ変わる時に歯ならびが悪くなった、永久歯がはえてこない、口が閉じづらいなど歯ならびが気になり始める時期でもあります。

永久歯が全てはえそろうまでは、歯ならびが変化するため、お子様・ご家族の方で矯正治療が必要かどうか判断することが難しい場合が多くあります。

また、顎の成長途中でもありますので、この時期しかできない治療も多くあります。

まずは現在のお口・歯ならびの状態を詳しく把握したうえで、治療の必要性・方針を説明させていただきますので、お早めにご相談ください。

大人の矯正治療

中学生以降では基本的には全ての永久歯がはえそろい、顎の成長も終了します。
個々の歯にブラケットという矯正装置を装着し、ワイヤーを用いて歯ならびを改善します。

当院では、目立ちにくい歯の色をしたワイヤーやブラケットを使用します。
ケースによってはマウスピース型の矯正装置なども選択することが可能です。
歯ならびはきれいにしたいけれど、矯正装置をするのが嫌といった方でもお気軽にご相談ください。

当院が採用しているマウスピース矯正(インビザライン)

当院が採用しているマウスピース矯正(インビザライン)

インビザライン


PAGE
TOP